たいぎいブログ

めんどくさがりのためのブログ

中途半端な音痴があまりにも辛すぎる

昨日会社の皆でカラオケに行く機会がありまして

社畜との呼び声高い僕は勿論そのお誘いを断ることも出来ず参加

 

結論から言うと

帰りたくなったよ(君の待つ街へ)

 

中途半端な音痴の末路

僕は中途半端に歌が下手クソな人間です

そんな僕がフツーにフツーの曲をカラオケで歌うと

 

f:id:taigixi:20161123224544p:plain

大体こうなっちゃう

「歌上手!!」とか「いいねー!!」等のほめ言葉はお世辞にもかけられず

「下手すぎやろ!笑」とか「歌下手選手権出れるね!!」と言えるほどヘタクソでもなく

ただかける言葉もないまま、まばらな拍手がやってくる

 

世の中の曲は音程が高すぎるんだ… 

音痴における曲選びの重要性

 歌が上手い人の曲選びはヘタクソに比べてかなり楽だと思う多分

普通の曲でも「うめえええええ!」と場が沸くし

あまり知らないような曲でも聞き入ったり

上手さで盛り上がりをカバーすることが出来るじゃないですか

 

音痴の場合こうはいかない

 

皆知ってる有名な曲⇒あれ、こんな曲だったっけ…?

皆知らない曲⇒なんだこの良く分からん曲は

 

どうすればええんや…

 

こんな時は基本アイドル曲や踊れる曲、いわゆるネタ曲に逃げるのが僕の定番

恋するフォーチュンクッキー」とか「女々しくて」とか「ムーンライト伝説」とか最近だと「PERFECT HUMAN」とか

 

踊ることでヘタクソの言い訳が出来るし盛り上がりも中々

ただ本当にうまい人が歌う同じ曲には全く勝てない

 

勿論仲が良い連中だけでいけばこーんな気を使うこともないし好きな曲を好きなように歌えばいいんですよ高音全くでないけどフレデリックガンガン歌うよ!

 

ただ会社

会社 

 

周りは年上だらけ

部長も課長も皆一回り二回り年次が上の方々

 

こんな中僕の十八番であるおジャ魔女カーニバル‼を歌ったらどうなるか

僕は上司の前でおんぷちゃんになれるか

 

ぷるるんぷるんふぁみふぁみふぁーーー!!!!!

 

 

その後の惨事は想像に難くない 

 

そして僕は黙ってTRAIN-TRAINを入れた。

 

 

歌の上手さと盛り上がりの相関性

カラオケにおいて歌の上手さ≠盛り上がりだと僕は考えている

上手い奴は前述した通り勿論沸く

そしてヘタクソでもそれが突き抜けていれば実はめちゃくちゃ盛り上がる(実体験)

 

真剣な歌への態度と奏でる狂ったメロディーのギャップは

テレビ番組としても成り立つ程面白い(勿論本人がネタに出来ればの話だけど) 

お笑い芸人歌がへたな王座決定戦スペシャル - Wikipedia

上手くてもOK、下手くそでもOK

そう一番カラオケで辛いのは 

 

中途半端に音痴で下手くそな人間なんだ

 

この悲しい事実を問題にした

 

問12 グラフで表わせ。ただし曲による差は無視して良い。

答え 

f:id:taigixi:20161123222758p:plain

 

自分がいるのはこの頂点のあたりつらい

モテ曲とか完璧に歌って女の子を落としたいだけの人生だった

 

まとめ

 とストレス解消になるはずのカラオケへ行ってストレスを溜めてきた話でした

まあ結局カラオケに行って重要なのって歌の上手さより

「誰と行くか」と「曲選び」なんだけどね!!

 

これから忘年会シーズンで同じようにストレスを溜める社畜が増えますが

とりあえず恋ダンスとPPAP覚えときゃ何とかなると思っているのは僕だけじゃないはず