たいぎいブログ

めんどくさがりのためのブログ

意識高い人が苦手だ

意識の高い人を見るとつらくなることが良くある。

嘲笑とかではなく、意識の低い自分とつい比べてしまうからだ。

  

何年か働いて分かったことがひとつ。

僕は仕事が出来ない。

仕事のペースが早いなんて事は無く、かといってミスが少ない訳でもない。

嫌な仕事は後回しにするし、前聞いたことと同じことを聞いてしまうのも、まれによくある。

 

働き出す前から何となく、そうだろうなという自覚があった僕は

就活でも出来るだけ向上心や成長意欲に溢れ、

実力主義で競争が激しい煌びやかな業界を避けた。

具体的にいうと、商社とか、金融とか、広告とか。

 

結果的にはありがたいことにぼちぼち仕事をしてぼちぼち給料を貰う、僕でもクビにならない恵まれた会社で働けた。

しかしながら、僕は激務高給の業界に興味自体はある。沢山給料を貰って遊びまわりたいし、なんなら独立起業して一発当ててみたいとも思う。

不労所得を得てアーリーリタイアなんて最高に憧れる。

無能さをひしひしと感じる一方で、成り上がりたいという欲求が顔を出してくる。

 

でも果たして自分にそれが出来るのだろうか。成功できるのだろうか。

起業した企業の10年後生き残っている確率が5%と言われる現在。

 

そこそこの企業で下の上の僕がバリバリ働いたとして

成功できる確率はどのくらいなのだろう。

そうやって考えているともう脚は前には進まない。

結局現状で十分恵まれている、おまんまも食べれているのだからと諦める。

ニチレイの冷凍チャーハンはマジで美味い。

 

こんなグズめいた性格なので成功者の格言などは極力見たくない。

テレビなどで年商数百億の社長が出演すると羨ましくて仕方がないし、

すぐ斜に構え生存バイアスじゃねーかとチャンネルを変えてしまう。

 

SNSで意識が高い人、もしくは意識高い系の成長著しいつぶやきが回ってくると、とても憂鬱な気分になる。

こちらとしては意識高い系か本当に意識の高い人間か

判別できないので、総じてスゴい人たちに見える。

はぴらきすぎてすごいぞ私その調子いい感じみたいな投稿は求めていない。

よっしゃこうなれば本気出すしかない。

 

ミュートすれば良いじゃんと思うだろうが、

反面そういうつぶやきを見て、あーあ!!!事業失敗すればいいなあ!!!と薄暗い感情を抱えているのだから我ながら救いようがない。

 

「何のために生まれて、何をして生きるのか」

分からないまま終わりそうである。

うんこに行きたい(丁度1000文字)