たいぎいブログ

めんどくさがりの社畜、主にネット徘徊と下ネタを趣味にしています。

英語がクソ嫌いな僕でも英語をやっとくべきだったと今更ながら思う訳

唐突ですが僕は英語がクソ嫌いです。

単語とか覚えなきゃならないのも大変だし仮定法過去とか文法とか意味不明だし外国にかぶれたイシキタカイタカイな奴らが今は海外に出なきゃダメだとかドヤ顔で言うしラインの一言とかやたらかっこいい英語の諺とか載せるしすぐ名言リツイートするし:-)←こういう顔文字すぐ影響されて使い出すし就活にしてもグローバルに働けることをまるで凄まじいメリットかのように話すし別に日本語だけで不自由なく生きていけると思っているし

とにかく苦手で嫌いです。

 

途中から英語に関係のない外国かぶれのクソ真っ赤なルージュつけて女優帽子を被ってるような奴が頭に浮かんできていたのは内緒です。

 

 

そんな僕が今社会人としてよく感じるのはやっぱり英語やっときゃよかったということ。

 

グローバルに活躍出来るような良い企業に入れるとかそういうことが言いたいんじゃないんです。

 

単純にお金が稼げると思うから。

 

僕はお金が好きなのですぐお金が欲しいなと考えるんですけど

 

お金を稼ごうと考えた時って英語を使えたらなって思う時がかなり多いんですよね。

 

それこそ、個人輸入で転売してウマーとか、翻訳サイトで広告収入!とかは勿論のこと、

最近流行りのVRにしても今の所最先端は海外で

VRについて最新を知りたければ英語が必須になります。購入だって全て英語ですしおすし。

 

実家の個人事業だって英語が使えて海外輸出も目指せば収益化も出来るのではと思いますしエッチな画像を見るにしても悪質なサイトに騙されることなく優良サイトを悠々と閲覧することもできます。

amatureやmilfなんて頑張って検索しなくたって良いんです。

 

現在だと英語はあくまでも大学へ行くため、良い会社に就職するため、ただ何となく海外で活躍するためにただ勉強するような意識が強いような気がします。

意識が低い僕の周りだけかもしれません。

 

もっと英語は友達を増やすとか良い企業に入るとかだけでなくシンプルに金が欲しいとか、外人とヤりたいとか、

単純により良く生きる上で確実に強力なツールであることをより早く知りたかったなあと思いました。

 

まあこんなことを書いといてなんですが、

仮に今僕が英語を勉強してたとしても

金髪のきれいなお姉さんとはエッチ出来てないでしょうし

海外関係で一発当ててタワマンに住む金持ちになれていたとは思いません。

 

ただ少なくともそうなったであろうチャンスは間違いなく増えているはずで。

下手な鉄砲数うちゃ当たるともちょっと違うんですけど、

時間とせいこう(いろんな意味で)へのチャンス数を考えると

英語の勉強以上にコスパの良いものってなかなかないんじゃないかなと考えるようになりました。

あったら教えてください。マジで勉強します。

 

 

 

 

そんなこと

考えつつも

何もしない

僕は今夜も

big tits

 

お粗末でした。