たいぎいブログ

めんどくさがりの社畜、主にネット徘徊と下ネタを趣味にしています。

松本人志が上げたベンチプレス135kgは一体どういう数字だったのか

www.asahi.co.jp

松本家の休日という番組で、ベンチプレスをやっていた松本さん

彼が番組の中で上げたベンチプレスの重さはなんと135kg

単純に大の大人2人分ほどの重さを持ち上げたことになります

 

この135kgという数値がなんとなく凄いというのは分かるけど

僕らのようなそこまで筋トレに親しんでいない素人からするとどれ位スゴイ数字なのか分かりません。

ということでまずどれだけ凄いのか実感するため筋トレを日常的に行っていない一般的な成人男性の平均値をまず調べてみました

一般男性の平均

色々なサイトを調べた所、しっかりした統計データはなかったものの

数十人から平均を取ったそれらしきものがこちらのサイトにありました。

No.35 トレーニング初心者のベンチプレスの平均値

これを見ると平均値は45kg~50kgの間

他のサイトを見ても概ね40kgとの記述があるので

一般男性の平均は40~良くて50kgといったところでしょうか

 

2ちゃんのスレによると

www.logsoku.com

100kgを超えてくると体育会系でも中々いないレベルらしい

齢50を超えて完全に羽化してますね

 

アイシールド21キャラとの比較

ベンチプレス記録と言えば思い出されるのがアメフト漫画の金字塔

アイシールド21

各プレイヤーのパワーを表す数値としてベンチプレスの上げられる重さが載っていたのは皆の記憶に新しいことでしょう

jumpsokuhou.com

これを見ると135kgというのは

王城ホワイトナイツの大田原(140kg)や太陽スフィンクスの番場(140kg)とほぼ同じ

つまりマンガ内における最重量級とタメを張るレベルということ

マンガにおける馬鹿力設定のキャラとほぼ同じ筋力とは一体…

ベンチプレス135kg自体は正しい数値なのか

さてここまでベンチプレス135kgの凄さを説いてきたわけですが

ネットを見ると色々計測にあたり指摘している方が多かったりします

この135kgという数字はそれほど凄まじい数値らしいです

 

ネットで見る指摘について主な点

・フリーウエイトじゃなくてスミスマシンだから

⇒フリーウエイトとスミスマシンの違い

フリーウエイト:支え無しでバーベルを自由な軌道で上げるもの。一般的なベンチプレス

スミスマシン:バーベルにガード(支え)がありレールを沿うように一定の軌道で上がるもの

なので今回のようにスミスマシンだと軌道が一定になり安定する分、通常のフリーウエイトより重くても上がるそうです

 

・しっかり胸まで下ろしていなかったり普通のやり方と異なる

⇒胸までバーベルを下ろしてから上げるのが本来のベンチプレスの計測法らしい

フォーム1つで持ち上げられる重量は変わるのは何となく分かる気がします

 

じゃあ本来の数値って?

実際これらの要因によってどれ程持ち上げられる重量が変わるかは

僕のようなブヨブヨの素人には全く分かりませんでした☆筋トレマニアの方にお願いいたします

松ザップで135kgの前に115kgを軽々持ち上げていたので

フリーウエイトにせよ100kg以上いける事はほぼ間違いなさそうです

50を超えた男性がこれだけの重さのバーベルを上げるというのはやはりかなりの努力があったのでしょう人はどうして筋肉を求めるのか、答えなどないのかもしれません

 

とりあえず三日で辞めた腹筋再開しよう!